ニキビ跡の治し方

ニキビ跡には、赤みを帯びたニキビ跡・シミになるニキビ跡・陥没型のニキビ跡・・・の3種類に大きく分けることができます。赤みを帯びたニキビ跡は、ニキビの炎症が進むことで肌に赤みを帯びてしまったものですが、ニキビが治った跡でも赤みだけが残ってしまったり、広範囲に広がって赤ら顔となってしまうことがあります。シミになるニキビ跡は、炎症性色素沈着とも言いますが、赤くなっているニキビが紫外線などの影響を受けたことが原因で色素沈着を起こし、シミのように肌に残ってしまうのです。そして陥没型のニキビ跡は、クレーター型とも言われますが、肌の表面に凹凸が出来てしまうニキビ跡です。ニキビの炎症が酷かったり、指先や爪でニキビの患部を破裂させてしまうことで、肌の組織が破壊されてできてしまうのです。

そして、ニキビ跡に種類があるということは、ニキビ跡を治す方法も複数存在するということになります。赤みを帯びたニキビ跡は、肌の炎症を抑えるためにビタミンCを摂取する方法がオススメです。スキンケアで使用している化粧水・美容液を、ビタミンCが配合されているものを使用するようにしたり、ビタミンCを多く含んでいる食品を食べると良いですよ。ビタミンCは、赤みを抑えるだけでなく、体内に過剰に発生した活性酸素を除去する抗酸化作用があるため、肌の老化を防ぐことができますし、体内でのコラーゲンの合成を促すこともできるので、肌のたるみ・シミ・くすみ・・・などの様々な肌トラブルの予防・改善に繋がります。更に、皮脂の過剰分泌も抑える働きがあるので、ニキビを出来にくくすることも期待できます。

シミになるニキビ跡は、一般的には2年~3年ほどで消えると言われていますが、その消えるまでの間、紫外線対策を正しくしっかりと行っていないと、老人性色素斑を伴うことになり、シミが消えずにそのまま残ってしまう可能性があります。正しい紫外線対策を行うと共に、毎日正しいスキンケアを行うことも重要です。また、色素沈着を起こしたシミのようなニキビ跡を治すためには、最初にも触れましたがピーリングが非常に有効だと言われています。

ピーリングは、AHAというフルーツ酸などの酸性の専用薬剤を使って古い角質を剥がし、それによって肌の角質層を柔らかくする他、ターンオーバーを正常に機能させる効果があります。表皮だけでなく、真皮も剥ぎますから、新しい肌の再生を促し、ターンオーバーを正しく機能させることで、古い角質・傷んだ角質・老化してしまった表皮…などを取り除くことができるのです。更に、表皮にある毛穴の詰まりを予防・改善することも可能なので、ニキビの原因を取り除くこともできますし、色素沈着した肌細胞を角質ごと取り除くこともできます。そもそもピーリングは、ケミカルピーリングとして、シミの治療に使用されていたものなのですが、他にも、シミ原因であるメラニン色素の排出・毛穴の詰まりを改善・くすみの解消・肌のトーンが明るくする・シワが解消する・ニキビの改善される・肌のザラつきをなくして滑らかな肌触りにする…等の効果も期待することができます。しかし、酸を用いて強引に皮膚を剥ぎ取る方法なので、当然刺激は強く、敏感肌・乾燥肌の方は注意が必要ですし、ニキビ・吹き出物に痒み・腫れ・痛みがある場合は、ニキビ・吹き出物を悪化させてしまう可能性があるため、ピーリングは中止してください。なお、ピーリングは、皮膚科・美容形成外科で施術を行う以外にも、自分でピーリング剤を購入して、自宅でピーリングを行うこともできます。

そして、陥没型のニキビ跡は、真皮層の部分まで傷ついていることが多く、その場合は自分の手によるケアで治すことはかなり難しくなってきます。しかし、もし凹凸が浅いのであれば、完全に凹凸を消すことは無理だとしても、目立たなくすることは可能かもしれません。この場合、ニキビで傷ついてしまった肌を元に戻そうとする機能・・・つまりターンオーバー機能を正常化させることになります。肌が硬く、ごわついた状態になっていると思いますので、スキンケア化粧品を使用して肌を柔らかくしてください。肌を柔らかくさせることは、ターンオーバー機能の正常化に繋がります。肌を柔らかくし、ごわつきを取り除くためには、ピーリングジェル・ピーリング石鹸の使用が有効です。更に、陥没している肌を元に戻すためには、真皮のコラーゲンの量を増やすことも重要です。コラーゲン配合のスキン化粧品を使用するのも良いのですが、それ以上に、真皮層にビタミンCを補給することも大切です。ビタミンCは、コラーゲンを合成する繊維芽細胞という細胞を活性化する作用があるため、ビタミンCを十分に補給することでコラーゲン量を増やし、肌に弾力とハリが戻すことで陥没している部分を元に戻すことがが期待できます。